color emojiをterminalで表示したい

さて、絵文字は移動体通信業者の専売特許という時代は終わり(そんな時代はあったのだろうか)、Unicodeに追加されるほどグローバルな存在となった今日、猫も杓子もterminalに色付きのemojiを表示したくなるのではないだろうか。

Macユーザーに「え、Linuxって標準でterminalにemoji表示できないの?プークスクス」と影で指を差されることもしばしば(ない)。

などと戯言はこのあたりにして、メモを残しておく。

しかし、作業そのものは極めて簡単である。

お手元のパッケージマネージャで ‘cairo’ パッケージをインストールするだけ。

ディストリビューションによりパッケージ名に多少の差はあるだろう。私はArchLinuxでしか動作を確認していない。

なお、cario ( https://www.cairographics.org/ ) についてはWikipediaが概説してくれているので検索してほしい。需要があればDocumentの翻訳はするが、詳しくは知らないので私に質問してはいけない。

carioがインストールされた端末では、絵文字がクライアントサイドでフルカラー描画されるため、SSHなどで他の端末に接続していても大丈夫。

Mastodonのmaster追従が3倍楽しい!

以上。楽しかった。

追記:Ubuntuユーザは多分これでインストールできると思う。

あなたの貴重なコメントをお待ちしています。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください